診療科・部門のご案内

整形外科・リウマチ科

概要

整形外科とは運動器に関する疾患を診断し、治療を行う専門的な診療科であります。 運動器とは、身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。特に近年は、高齢化社会が進み、加齢に伴う整形外科的疾患は増加の一途を辿っております。また、肩こりや腰痛、膝関節痛などの日常的な疼痛も高齢化とともに増加してきております。これらの疼痛やしびれは日常生活の質を悪化させ、健康寿命を縮めてしまいます。また、交通事故などの外傷、労働災害、子供たちのスポーツ外傷などの当科の対象となります。

当科は運動器疾患の専門家として、皆様の生活にあった適切な治療が提供できるように努力しています。

症状と対象疾患

整形外科では次のような症状を扱っています:

骨、関節、神経、靭帯、筋肉の痛みや損傷、機能障害を扱っています。 打撲、骨折、捻挫などの外傷や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、骨粗鬆症などの慢性疾患などを症状に応じて診察、検査、治療しています。

ここに注目!3つのポイント

point01

金沢医科大学病院と連携しあらゆる整形外科疾患に対応し手術も行います。

point02

運動器リハビリスタッフが充実しており、退院後もフォローします。

point03

上肢の専門外科医と連携し、積極的に治療します。

整形外科の対象疾患

外傷

  • 骨折、脱臼、アキレス腱断裂、手指の腱断裂
  • 骨粗鬆症に伴う骨折
  • 大腿骨頚部骨折、上腕骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折

関節疾患全般

  • 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症
  • 変形性膝関節症、膝半月板損傷、膝関節靭帯損傷
  • リウマチ性関節症、痛風性関節症 肩関節周囲炎、肩腱板断裂
  • 足関節靭帯損傷、外反母趾

頚椎・胸椎の疾患

  • 頚椎症
  • 頚椎・胸椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱靭帯骨化症・・・・後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症

腰椎の疾患

  • 急性腰痛症(ぎっくり腰)
  • 腰椎症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊椎分離症・すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症

末梢神経障害

  • 手根管症候群、肘部管症候群

その他

  • 腱鞘炎
  • 骨髄炎、化膿性関節炎
  • 四肢骨の変形、短縮による機能障害
  • 骨軟部腫瘍、転移性骨腫瘍

外来担当者

時間帯
午前 米澤 米澤 米澤 米澤 米澤
午後 米澤
(検査・手術)
米澤 検査・手術 米澤 検査・手術

※午後診療は、緊急手術が入る場合がありますので来院前にご確認の上お越し下さい。

常勤医師・非常勤医師

常勤医師

米澤 克隆(よねざわ かつたか)
役職
科長
専門分野
整形外科・リウマチ科
専門医・資格
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定スポーツ医